サブメニュー

多重債務者向けのカードローン

消費者金融等が提供している無担保カードローンは、金利が高い代わりに審査に通りやすいのが特徴です。運転免許証等の本人確認書類だけで審査に申し込む事が出来る上に、申し込み条件も非常に緩かやです。

20歳以上で安定した収入がある人としているので、継続して収入を得ているアルバイトや派遣社員でも可能です。

このような条件設定がなされている事ので、複数の業者のカードローンを利用している人も少なくはありません。カードローンは、毎月決められた金額を返済するというのが決まりです。

複数の業者を利用しているという事は、複数の業者に対して返済する事が義務付けられているという事になります。複数の債務がある人の事を多重債務者と呼びます。

多重債務者に向けて用意されたのがおまとめローンという商品です。おまとめとは、一本にまとめるという意味であり複数のキャッシングを一つにする事が目的です。金利は通常のカードローンよりも低く設定されているので、同じ金額を利用すると返済額は少なくなります。

おまとめローンも個人向けの無担保ローンと同様に、銀行や消費者金融等多くの業者が用意しています。金利や利用条件等は業者ごとに違うので、比較した上での申し込みが必要です。

キャッシングと借り入れ審査について

キャッシングのサービスを利用していくためには、必ず借り入れ審査を通過する必要があります。また、借り入れ審査には、返済能力が十分にある人が通過する傾向があり、安定した就職先に勤めている人もまた借り入れ審査に通り安傾向があります。

また、どんなに返済能力が高くて、安定した収入があったとしても、ほかのキャッシング会社に借り入れを行っている状況で借り入れ審査を受けたとしても、審査に通ることは非常に難しくなります。

どんなキャッシング会社においても同じことが言えるのですが、キャッシング会社の審査においては、借り入れ希望者の個人情報や、過去の借り入れ経歴について詳しく調べていきます。キャッシング会社の審査においては、借り入れ希望者の信用問題に関して重要視しています。

ほかのキャッシング会社からの借り入れ経歴がなく、安定した収入を得ている人はキャッシング会社に通りやすい傾向があり、また、ほかのキャッシング会社からも借り入れがある場合には、きちんと返済を行っていると審査に問題は発生しません。

結果的にキャッシング会社の審査について言うと、信用度が一番に重要になってくるのであり、ほかの事は差し置いてでも信用を高めていくことが大事になります。

キャッシング審査に通らない人

キャッシングサービスを利用していくには、キャッシング会社の審査に通らなければなりません。キャッシング審査では、安定した収入や社会的信用度が高いことが必要な要素になっていきます。

また、先述の条件が整っていても、審査に通らないという人が多くいます。そういった人たちには、共通したことが多く、それらに関して説明していきます。

審査に通らない人の中でもっとも多い理由が、安定した収入がないとキャッシング会社に判断された場合です。こればっかりは、キャッシング会社に決定権があるので、何を言おうとも結果が覆ることはありません。

それから審査に通らない理由としては、過去にほかのキャッシング会社を利用していて、何かしらのトラブルがあって、ブラックリストに載ってしまっている場合です。こういった悪い印象のトラブルは、金融会社の間で共通して持たれており、結果的にキャッシング会社の中での印象が悪いことになってしまいます。

そして意外と審査に通らない理由として多いのが、年齢が20歳以上に満たしていない場合です。キャッシングサービスは、法律で20歳以上では行えないことになっているので注意が必要です。きちんとルールを守って利用していきましょう。